オーディオ製品で生活をもっと充実させる!オーディオの価値を上げる知識を紹介

オーディオ製品の価値を下げないように気をつけるべき点

所有するオーディオ製品の価値を下げないためには何を気をつけるべきか、その点について確認しておくことが大事ではないでしょうか。

買取店の立場で考えてみると分かりますが、査定するオーディオ製品は限りなく新品に近い状態で、殆どそのまま中古品として販売できる状態のものが好ましいといえます。

逆にいえば、目立つ傷や取れない汚れは価値を下げることになるので、買取店にとって満額はつけられないことになります。

結論をいえば、オーディオ製品の価値は傷や汚れで大部分が決まりますから、これらをつけないように取り扱いに気をつけたり、予防策を講じるのが正解です。

具体的には持ち上げたり設置する時は手袋を装着する、小さい子供がいる家庭では専用の部屋で管理したり、柵を設置するなどして直接触れられないようにすることです。

また、付属品の欠品もオーディオの価値、引いては査定買取価格に影響するので、購入時についてきたものをなくさない予防も重要になります。

オーディオの劣化が起こりやすい部分について

オーディオは一見して半永久的に使えそうでも、実は劣化や故障することがあるということも考える必要があるのではないでしょうか。

オーディオの数ある部品のうち、劣化しやすいのは可動部や熱が発生するところです。

具体的にはディスクプレイヤーのモーターやトレー、スピーカーの振動板、アンプの電源といった部分です。

CDを始めとするディスプレイヤーは、ディスクの回転で音楽を再生するわけですから、モーターが寿命を迎えればプレイヤーそのものも使えなくなります。

トレーはスムーズな動きがぎこちなくなったり、1回ですんなりと出てこなくなりがちです。

スピーカーは過大入力をすれば簡単に振動板が壊れてしまいますが、経年でも動きが鈍くなったり硬くなる変化が起こります。

アンプに限らず、発熱が大きい電源は部品が受けるストレスも大きいので、やはり経年で次第に寿命に近づきます。

逆にいえばデジタルプレイヤーやデジタルアンプなどは、可動部がなく発熱量も小さいことから、長い寿命に期待できるのではないでしょうか。

オーディオに関する情報サイト
オーディオの価値を上げる知識

このサイトでは、オーディオ製品で生活をもっと充実させるために必要な知識を紹介しています。
これらのものは個人的な趣味の世界であるため、対外的な評価はあまり気にしないと言う人も多いのですが、これを高めることで様々なメリットが生まれることも少なくありません。
このサイトではこれらを有効に活用するための様々なポイントを、具体的な例を挙げながら紹介していることが大きな特徴となっています。
さらに自分自身が納得できるものを選ぶための注意点も併せて掲載しているのが特徴です。

Search